坪井珈琲、坪井コーヒー、日ハム、坪井智哉、坪井、 融資、銀行、資金調達、リスケジュール、異業種交流会、新規創業、助成金、札幌 株式会社グーゲン

事業内容

財務コンサルタント業務


貴方の会社は、銀行融資による資金調達が思うように
いかず悩んだことはありませんか?


「金融機関から、あと1000万融資を受けられたら資金繰り
は楽なのに・・・」
「融資金利を1パーセント引き下げられたらどんなに経費
節約になるだろう。。。」

一般の常識では、融資を受けられない会社は業績が悪い会社、ということになるのですが、
実は、それは間違った常識なのです。

業績が悪くても、簡単に融資を受けている会社は、たくさんあります。

逆に、業績はまずまずなのですが、いつも融資を断られる会社も、たくさんあります。

では、融資を受けられる会社、受けられない会社には、どのような違いがあるのか。

それは・・・

業績が悪くても、いとも簡単に融資が受けられてしまう会社、それは、融資を受けるための「ツボ」をしっかり押さえている会社なのです。

なかなか分からない銀行取引の方法をわかりやすく、そして迅速に対応します。

まずは、お逢いしてみませんか?

資金繰り相談のご案内

社長の仕事の一つに、会社をマネジメント(経営)することがあります。
ではマネジメントとはなんでしょうか?
マネジメントとはマーケティング・イノベーション・そして資金繰り(財務)なのです。
つまり、資金繰りとは社長である経営者の仕事なのです。

会社によっては、資金繰りを財務担当者が行っているところもありますが、その資金繰りを改善できるかは経営者にかかっています。
勿論、資金調達や資産の流動化といった改善手法はありますが、あくまでも一時的なものです。
資金繰りを改善するには、経営者の努力とそれなりの『仕組み創り』が必要なのです。

改善とは、「頑張らなくてもよい仕組み」を、努力して創ること。

私どもは改善をこの様に定義しています。

資金繰りの改善は、まず自社の資金状況を知ることです。

私どもの資金繰り相談は、単にお聞きする話に回答するだけではありません。

改善方法をお伝えし、共に仕組み創りをすることに真理があります。

それが私どものコンサルティングです。

資金繰りは企業の、そして経営者様の永遠の悩みです。
私達はその悩み解決すべく努力致します。

【初回相談に限り無料!!】

気軽にお問い合わせ願います。
お問い合わせはこちら

※ビジネススキルの勉強会(資金・財務編)を月(4回)行っています。
これから経営者を目指したい方、現在財務に関わっている方などが対象です。
個別又は、グループどちらでも受け付けています。

お問い合わせはこちら

資金調達相談のご案内

銀行からの資金調達は、ノンバンク等に比べて比較できないほど難しいものです。
それは、銀行が金融庁から免許を交付されて貸金業を営む最高峰の企業だからです。
ですから、審査も慎重となり、融資条件も厳しい・・が存在するのです。
そんな銀行からの資金調達には、その概念(しくみ)を理解することが必要です。

・金融機関との付き合い方
(銀行とはどんなところかまずは理解しましょう)
・財務諸表の見方と活用法
(貸借対照表、損益計算表とは?)
・融資を受けるための心構え
(融資を申し込む際に準備しておきたいことは?)
・資金調達のテクニック
(諦めてはいけません。返済猶予(リスケジュール※)など方法は沢山あります)
・自己資金を作るには?
(いざという時のために準備しておきましょう)

以下でお困りの経営者様に必要とされています

  • 短期ではなく長期借入金(年度資金)を調達したい
  • 利益が出ていない赤字状態なので、資金が必要
  • 多額の設備資金が必要となったので複数行から調達したい
  • 条件のいい制度融資を活用したい
  • 起業するため、創業資金を借入れたい
  • 決済資金が不足しているので、早急に運転資金を調達したい
  • 納税や賞与負担が大きいので、季節資金を調達したい
  • 新規プロジェクトを行うため、プロジェクト資金を借入れたい
  • 既存の借入金の借り替えしたい
  • 助成金の活用(※)

【初回相談に限り無料!!】

気軽にお問い合わせ願います。
お問い合わせはこちら

返済猶予(リスケジュール)相談のご案内

外部環境の悪化などで、事業計画が狂い、赤字へ転落してしまうことはよく起こりがちなことです。
中小企業だけでなく、大企業でも度々発生する現象です。
経営には波があり、良いときばかりではないのです。
とは言え、社員の給与をはじめ、ストップできない諸々の支払いが存在します。
そんな時こそ勇気を出して、ビジネスパートナーである銀行へ返済の猶予(リスケジュール)を申し込みましょう。

返済猶予(リスケジュール)は、資金調達よりも数倍も難しいものです。

仮に達成できたとしても、通常は格付けが下がってしまい、次回の資金調達や金利等に影響を及ぼします。

しかし、返済猶予は『悪』ではありません。

銀行も貸し倒れて一円も回収できないよりも、一時的に引当金を計上してでも回収したほうが得策な場合があります。

返済猶予(リスケジュール)は、銀行にとって『経営者のビジョンと行動力に、再投資する』ことなのです。

従って、大事なのは自社の置かれた状況と今後の再建計画をキチッと示すことが出来るかです。

そして、返済猶予後の確実な事業再建です。

私どもは返済猶予だけを達成させるのではなく、その後の事業再建にも着目し、 会社の財務面並びに経営面にもサポート致します。

以下でお困りの経営者様に必要とされています

  • 毎月の約定返済負担が大きい
  • このまま行けば資金ショートしてしまう
  • 新規の資金調達ができない
  • 期日一括返済の長期借入金や社債の一括償還ができそうもない
  • リスケ交渉をしたいが、銀行が複数行存在して困難だ
  • リスケの進め方が分らない
  • 事業再建計画書類を作ってもらいたい
  • 2回目のリスケ行いたい

【初回相談に限り無料!!】

気軽にお問い合わせ願います。
お問い合わせはこちら

<< 前のページに戻る

ホーム
会社概要
事業内容
グーゲンショップ
アクセス
   
 
Copyright c 2007 googen All Rights Reserved